ゆきゆきて、神軍

上映作品ゆきゆきて、神軍

第二次大戦中、激戦地となったニューギニアに派遣された奥崎謙三は、飢えとマラリアに苦しみながら敗走を重ねる日本軍の中でたびたび上官に暴行を働き、豪州軍の捕虜となって復員した。暴力を辞さない奥崎の反骨精神は戦後も衰えることを知らず、神戸で商売を営みながら逮捕と服役を重ねる中、敗戦から23日後に部隊内で隊長による部下銃殺事件が起こったことを知ると、奥崎はかつての上官たちを訪ね歩き事件の真相を問い詰めていく。極限状態を経験した人間たちの戦後の姿から、戦争の狂気が浮かび上がる大ヒットドキュメンタリー。

夏のシネマセレクション
「戦争は終わらない~兵士たちの記憶と戦後」 

8.11日(水)、13日(金)、15(日) 10:30
8.9日(月・振)、12日(木)、14日(土) 14:00

1987年/疾走プロダクション/カラー/122分/DCP
監督:原一男
出演:奥崎謙三、奥崎シズミ

 

映画鑑賞料金(展示観覧料含む):一般1000円、小・中学生500円

チケット発売日:7月17日(土)