【企画展】
ジェラール・フィリップと忘れじの名優たち

2024年1月20日(土)~4月7日(日)

名優ジェラール・フィリップ(1922-1959)は、1940年代のフランス映画界に彗星のごとく登場し、瞬く間にスターの仲間入りを果たしました。ドストエフスキー原作の『白痴』(1946)ではムイシュキン公爵、ミシュリーヌ・プレールと共演した『肉体の悪魔』(1947)では主人公の青年を演じ、その比類なき美貌と存在感で世界中の観客を虜にしました。やがて舞台でも頭角をあらわすと、どんな役を演じても気品に溢れ、優雅に登場する彼の姿は、”瑕(きず)のないダイヤモンド”と呼ばれました。そんなフランスの国民的俳優が日本を訪れたのは1953年のことでした。戦後初の大規模な催しとなる「第一回フランス映画祭」のため来日したジェラールは、日本でも熱狂的に迎えられました。このとき川喜多夫妻とも親交を深め、日本の映画や文化に高い関心を示しました。1958年、『モンパルナスの灯』で早世の画家モディリアーニを演じたあと、翌年、彼自身も36歳の若さで急逝。この不世出の俳優の死を誰もが悼みました。

本展では、2022年に生誕100年を迎えたジェラール・フィリップの関連資料を中心に、彼の活躍の前後で欧州映画の黄金期をともに形づくった名優たちの代表作を紹介します。


休館:月曜日(2024.2.12は開館)、2024.2.13(火)

企画展観覧料: 一般:200円(団体:140円) 小・中学生:100円(団体:70円)

※団体料金は20名以上

◇鎌倉市民(市内に住所を有する方)観覧料無料
(入館時に住所が確認可能な証明書(運転免許証、国民健康保険証等)をご提示ください。)


展示協力:国立映画アーカイブ、セテラ・インターナショナル

リーフレットデザイン:相馬敬徳

前の記事